FXにおける税金

FXには店頭FXと取引所FXというものがあり、これら二つの間で適用される税制が2011年までは異なっていました。店頭FXでは総合課税と言う方式が採られていて、他の所得と合算して累進課税の対象となっていました。

つまり利益が大きくなれば大きくなるほど税金の比率が上がっていってしまっていたのです。

取引所FXは申告分離課税というものでした。

これの税率は利益金額がいくらであっても一律20%と決まっていて、一般的には総合課税で税金が上がっていく店頭FXよりも申告分離課税方式の取引所FXのほうがお得だと言われてきました。

2012年よりこの分離されていた税制が一本化されて、くりっく365や大証FXなどの取引所FXと同様に店頭FXについても申告分離課税となりました。

この税制の変更により、雑所得の中で損益通算で税金は算出されていましたが、先物取引・取引所取引との通算で損益を計算することが可能になり、損失も三年間までであれば繰り越して控除することが可能になりました。

これは店頭FXがもっていたデメリットを一掃してくれた素晴らしい改正と言えます。

関連サイト: 株価指数.net

一方で取引手数料の観点から言うと店頭取引のほうが取引所取引よりも有利と言われていました。そのメリットが今後ともあるとするならば、店頭取引が圧倒的に優位となってくるでしょう。

特に累進課税であることから大きな取引や頻繁な取引で利益を上げたいと考えていたが、取引所FXばかり使っていたという人にとっては朗報と言えるでしょう。

まとめると今度店頭FXを利用するとこれまでどおりの取引手数料の低さを享受しながら、申告分離課税の固定の税率のメリットを受けることができるでしょう。

また複数の先物取引と損益を通算できることから先物取引を行っている投資家にとってはより一層メリットが大きいです。

ただ、店頭FXは取り扱う業者も多数あり、通貨ペアやサービスの内容、安定感などいろいろと配慮するべき点がありますので注意が必要でしょう。

店頭FX取引の税制改正前と改正後の比較

(税率は所得税と住民税の合算)

・税制改正前(総合課税)

課税所得金額(給与所得と合算):税率

195万円以下:15%

195万円超〜330万円以下:20%

330万円超〜695万円以下:30%

695万円超〜900万円以下:33%

900万円超〜1,800万円以下:43%

1800万円超:50%

・改正後

一律して20%

2012年より、店頭FXでで200万円利益を上げて、先物取引で100万円の損失が出た場合は100万円が課税対象となる。