FX(外国為替証拠金取引)は危ない?

「FX(外国為替証拠金取引)は危ないと聞くこともありますが大丈夫でしょうか?」

もちろんFXにも慎重さを求められる部分はあります。とはいえ、FXを問わずあらゆる取引、ビジネスにリスクがあることを考えれば、

むやみにFXだけを危険視する必要はないでしょう。

例えば通常の取引においては、顧客や取引先間での信用問題に思いがけない危険が潜んでいることもあります。

その点、FXにおける危険は常に自分サイドにあるということから、危険だと思われてしまう節があるかもしれません。

逆にコントロールはすべて自分にありますから、ルールを守れる人ほど大きなリスクを抱えずうまく取引できると言えるでしょう。

”ハイリターンを狙えばハイリスクを伴う”

まず心得るべき鉄則は

「高い利益(ハイリターン)を狙えば高い危険(ハイリスク)も伴う」ということです。

例えばレバレッジを利用してロット数を大きくすれば、一度に得る収益は高くなります。

しかし、これが逆に転じて一瞬のうちに大きく損をするケースもあるということです。ハイリターンハイリスクのロジックを詳しく説明しているサイトが、投資攻略の徹底分析サイトです。

「あっという間に大きく損するケースとは?」

ここはとても大切なので改めて説明します。

仮に、虎の子貯金400万円を元金としレバレッジを25倍で利用したとします。

(1米ドル=85円の場合)取引できるロットは約100ロット(100万通貨)となります。

ここでは1銭が利益が1万円の利益につながります。100万円の利益は1円で達成されるのです。

では逆のパターンではどうでしょう。1銭で1万、1円で100万円の損失を生み出します。

ボラティリティーが高いと対ドルで3〜5銭の変動もありますから、1円など一瞬にして変動するのです。

その後、またたく間にロスカットがかかり、せっかくの虎の子貯金もほとんど無くなってしまうだけでなく、

新たなトレードに挑むための軍資金をも失う結果となります。

「リスク回避は可能でしょうか?」

ページ冒頭でお伝えしたとおり、リスク回避は不可能ではありません。

欲をかかず、証拠金につりあうロット数で堅実なトレードを重ねていけば想定外の大損失という事態も避けられるのです。

葛藤を越えて己に勝つことです。

また、取引料無料のFX口座を持つことで回数に関係なく取引が無料になり、

全体的なコストを抑えることにつながります。

ことにデイトレードや、スキャルピングしやすい会社ではこのようなシステムが多いようです。

そして通常一万通貨単位から取引が始まるFXですが、中には1000通貨単位から取引させる業者や100通貨単位から開始とするマネーパートナーズなどもあり、デモトレードで得られない体験が低いリスクで実現可能です。

「100・1,000通貨単位で取引可能な口座、FX業者は危険ではないのでしょうか?」

確かに、業界内には危険を感じさせるFX業者も存在します。

危険視すべき点にはオンライン取引でのリスクとされる約定能力の低さ、また、経営悪化や倒産の可能性などが挙げられます。

利用者側から経営状態を把握することは難しいので、信託保全(倒産時の証拠金保全状態)100パーセントの業者を選定するのが望ましいでしょう。

”堅実に手順を追うことで利益が確実なものに!”

ここまでお伝えしたとおり、FXを開始することは容易ですが、生半可な知識でスタートするのは好ましくありません。

まずは当サイトでお勧めするポイントをきちんと把握し、FX取引開始のためのプロセスを参照してみてください。

そうすることによって、みなさんの取引も安全で、かつ目的に沿ったものになるでしょう。FX取引の中でも、最近人気が出て来ているのが、通称BOと呼ばれるものであります。このバイナリーオプションとは何かなのですが、上になるか下になるか、つまり円高になるか円安になるかを予想するのみと言う極めて分かりやすい取引方法になっています。ワイバイナリーは、FX取引や、バイナリーオプションが初めてという方でも割と肩肘はらずに入って行けるサイトだと思います。