主要取引通貨の特徴

FX取引をする上で、Highlow.netでまずは取引の腕ならしをすることは、長期的に勝つために大切なプロセスの一つです。比較と言うと、業者比較がまず頭に浮かんでくるかと思いますが、何もそれだけではありません。FXに関わって来る重要なアイテムの比較をするということです。例えば通貨。FXで取引可能な外国通貨の中で、市場の大きなシェアを占めている人気のある主要取引通過の特徴を見てみましょう。


世界の基軸通貨・アメリカドル USD

為替取引全体の約9割といった圧倒的シェアを誇っていたUSD、しかし2008年のリーマンショックを境にその影響力も弱くなりつつあります。とは言ってもやはり基軸通貨というステータスは変わりなく、現在でも世界の中心的存在です。日本人にも一番馴染みのある外貨ではないでしょうか。FXを始めるならまずはUSDから、という方も多くアメリカ経済に関するニュースは情報収集もしやすいことが大きな利点です。FX取引業者のほぼ全てが取り扱っている外貨でもありますし、為替に関する様々なニュースをレポート形式にて提供しているところもあります。
世界の中でも取引量の母数が大きなUSDは、多少投機的な取引が続き、大きな資金が流入してもそれが為替レートを揺るがすといったことはありません。為替レートが他の通貨よりも安定している点はFX初心者にとって安心できる点でもあります。


第二のシェアを誇る・ユーロ EUR

USDに次ぎ第二の取引シェアを保持しているのが、ヨーロッパ連合に加盟している国で使われているユーロです。弱体傾向にあるアメリカ経済を睨み、次の基軸通貨という地位を狙っているとも言われています。しかし、ヨーロッパ諸国でもギリシャの経済危機を発端に、イタリアやスペインといった主要国の財政赤字などの影響でユーロの信用度も急激に落ちているのが現状です。ユーロを使用している国は19カ国にも上りますので、今後どう動いていくのか更に注目が集まる通貨でもあります。

かつての経済大国イギリス・ポンド GBP

イギリスといえば第二次世界大戦の直後まで世界経済の中心にいた存在です。その影響力も大きくアメリカドルと肩を並べるほどでした。しかし現在ではイギリス経済の低迷により、その力も衰退しています。それでもポンドの市場は日本円と同等の規模ですからまだまだ無視できない存在です。ポンドは投機的な資金が流入した際に、かなり影響を受けて動く傾向があるため、取引初心者は敬遠したいところです。どちらかと言うと上級者や取引に慣れた方向けの通貨です。


通貨ペアの種類について

証券会社で扱われている株式、これは証券会社ごとに比較しても株の種類が異なる、ということはほぼありません。対してFXの場合は、取引可能な売買通貨ペアの種類は様々です。主流のアメリカドル×円の組み合わせ、ユーロ×円、ポンド×円といったペアを扱う業者もあれば、南アフリカランド×アメリカドルといった少々マイナーな通貨ペアを扱う業者など、FX業者ごとに特色があります。

ちなみにほぼ大多数のFX取引事業者で売買可能なのは、円やドル、ユーロなどの通貨です。取り扱いのある通貨ペアは少なくとも10種類ほどあり、円とアメリカドル、ポンド、カナダドル、オーストラリアドル、ニュージーランドドル、スイスフランといった組み合わせのペアなどを取り扱っています。また、アメリカドルとユーロといった通貨ペアも取引可能です。
業者の中でも多いところでは150以上の通貨ペアを扱う業者もあります。

通貨ペアの豊富なFX業者で取引をすると、その分マイナーな国の通貨を売買できますし、金利差などで得られる利益も期待できます。また、とりあえず主要通貨の取引だけでいいやと始めたFXトレーダーも、経験を積んだ後に他の国の通貨を売買してみたいと思うことがあるかもしれません。そんな時に自分が利用するFX業者では、扱われていない通貨ペアだとしたら残念ですよね。FX業者を選ぶ際には、興味のある通貨を扱っているか、通貨ペアのバラエティなどもチェックの対象として考えるべき点でしょう。

それぞれの国の経済状況や通貨の特徴などを確認しておくことは、FXの戦略を練るのにとても重要な課程となります。